こんにちわ、さんた屋です。

先日発売した、キーホルダー製作キットの使い方をまとめておきます。
FullSizeRenderFullSizeRender

こんな感じのキーホルダーで、この治具をつかうと縫いしろ部分に段差のある、ちょっと手のこんだ感のあるものをお手軽に作れるようになってます。

ふつうこの手の成型をするには、革の床側に段漉きをして銀面からプレスエッジャーなどを使うのですが、漉きが苦手な方(自分もそう)もいるので、ぷっくりメーカー的に成形しておき、アンコを詰める方式で仕留めてやろうという目論見です。

まず、1.5~2.0mmくらいのヌメ革を用意し、この治具を型紙としてけがきます。1.5mm以下になるとリングをつけるところがヘロくなるのでご注意ください。
IMG_9889

紙と違ってアクリル製なので、直接カッターを添わせて使うこともできなくはないですが、目打ちや丸錐などで強めにけがいておくことで刃が誘導されるので少なくともカットが楽になります。あと透明なので革の傷やしわなどをさけて取ることもできるし、このへんが紙の型紙に対するアクリル型紙の強みですね。

IMG_9891

抜き型が使えるインフラが整ってる方は、抜き型工房かわさきさんにオーダーすれば、この形状の抜型を作ってもらうこともできます(データ送付済みです)。

次に成形に入ります。

この型紙治具は、本体とあんこパーツの二つに分けれていますので、まずはこれをテープなどで固定します(簡単でOK)。
IMG_9892

革を水で湿らせて、治具の上に置きます。
ぷっくりメーカーとは違い銀面が上です。
IMG_9893

IMG_9894IMG_9895

ずれないように注意しながら指で押しつけます。じんわり段差が見えますね。
IMG_9896

ここからは、ヘラ(骨ヘラや木べらなど)で段差部分を攻めていきます。
IMG_9897IMG_9898
ぷっくりメーカーは凹みを押して成形しますが、これは凸を利用して周りをへこませる方法です。この型は薄いので、通常のぷっくりメーカーのように使うと壊れますからご注意ください。
IMG_9899IMG_9900

あと、濡れた革の銀面はとても傷がつきやすいので注意してくださいね。

IMG_0253

刻印など入れるとそれっぽくなりますね。

刻印については、五助屋レザーさんとYONEZOさんにもこのキーホルダーの形状データをお渡ししているので、お願いすればいい感じのサイズや縦横比で刻印を作ってくれますよ。アクリル刻印なら五助屋さん、金属刻印ならYONEZOさんへ♪


納得がいくレベルに成形ができたら、十分に乾燥させてください。

内側の段差部分につめるアンコは、床革や厚紙などで作ります。
あんこパーツを型紙にして切り出してください。濡れた革が乾くと少し縮むこともあり、アンコは線の内側を切り抜くくらいにするとぴったりはまります。
IMG_9890

十分乾燥させた本体にリングを通し、アンコを挟んで二つ折りにして貼り合わせます。
あとは、穴あけをして縫えば完成です。

コバ磨きやヘリ落としなどは、二つ折りしてしまうと磨けないところとかも出てくるので、製作の順番を考えながら適宜行ってください。

キーホルダーは端切れで作れるし、縫いの練習にもなります。
名刺代わりにもなるので、時間があるときにたくさん作っておこうと思います。


------------
ツールのお求めは、さんた屋BASE店(ネットショップ)まで。 https://factorysanta.thebase.in