こんにちわ、さんた屋です。

革で作ったコンチョやボタンをアクセントにしたレザクラ作品を拝見して、カッコいいなーって思って自分でも作ってみようと思いました。けれど、現物を生で見たこともないし作り方もわからないので、想像力をフルに働かせて、作り方と治具を同時に考えるというアプローチですw


いきなり治具に頼るなんてケシカラン!とか言われそうですが、自分は、ひとまずは形にできることを優先したいんです。レザークラフトに限らずなんでも奥行きは深い。その奥行きの深さがあることに気付けるのは入り口をくぐった者だけです。深みに到達できる人はごく限られていると思いますが。


ということで、治具ですw


 2D3A9CA3-F7BD-4963-9BEA-1D608C346B8157CE4992-2F16-4F3B-BBE0-5B60E3A3A461

今回発売した治具もおなじみのアクリル製で4点セットです。


出来上がる革ボタンの大きさは、ぷっくり部分の直径が30mm、ツバが3mm、全体直径が36mmです。2mm厚の革を使う前提としており、縫いピッチは約4.7mm(円周÷40目)で制作しました。

もしも違うサイズのボタンを作りたい場合は特注での制作も可能ですのでお問い合わせください。

 

では、基本の使い方をご説明します。

ツール類はけっこう繊細なので力を入れすぎて割らないようにしてください。また、エッジが鋭利ですので怪我に気を付けてくださいね。

 

1. 表革の成型
2mmのタンニン鞣しの革を水で濡らします。
E6D06EF7-A505-4341-B268-33FBC4A78B8B
この革で餡子ツール(厚いほうの円盤)を包み、ぎゅっと絞ります。
0628DF86-F379-4BC5-98EC-A7B6914EE43B
ここにリング(厚いほう)を被せてふくらみとツバを成型します。
1223BAFC-34E4-48C5-9275-75E5CF45C726671F0924-168F-46C9-B42A-0EDABA4BEC8C
95D54859-D131-4FBB-8B09-6F5B4326DD817DE13682-F467-4CF9-AE5F-645F405D5FB8
6CADAF91-A175-4DD5-808C-466DA0842075

 

2. 裏貼り
直径25mmのあんこ(床革など)を裏の凹み部分に詰めます。
7F13D971-FC2B-4532-AA3B-F4E4F8516183D78B0B20-E03C-49D7-B4C0-EAE6D75FA4CC
あんこ製作には「抜型工房かわさき」さんの直径25mmの抜型をおすすめします d(^_^)
裏蓋となる革をしっかりと貼り付けます。
7B2E12EF-554D-4DB8-A8CC-B037E2B83369E4D16CB8-002A-4610-9291-266CC1D1BA15

3. 縫い穴あけ ・・・ これ以下3~6の順番は人によって違うかもしれません。
しっかり乾燥させたら、縫い穴ガイド(薄青で丸穴があいた四角い板)をかぶせ、丸錐で縫い穴の印をつけます。
208966B8-01FC-4629-99EA-34D896C375066B41C172-F3CB-4E3B-B389-8B914CC83DB7
次に印に沿って菱錐で一つづつ縫い穴をあけます。
7F03D125-5F8A-45F2-B75F-D4227FBD8DA8
菱錐にアングルセッターを装着すると穴の角度が一定に保ちやすいですよ。

 

4. 紐穴あけ(紐を通さないときは不要です)
リングツールをかぶせ、穴位置プレートをのせてマーキングします。
1B0B3006-67BF-454C-B147-872DECAF5A2B53548DF6-FD00-4B4B-84B5-4174F3AB20A7
穴の間隔は広/狭に2パターン選べるようにしてますが、微妙な位置決めはお好みでどうぞ。
54AB58CB-1D61-4BFC-867B-775071DD5AB3
4つ穴にする場合は90°回してマーキングしてください。
完成後、この目印を参考にポンチで穴あけします。

 

5. 外周カット
再びリングをかぶせてしっかりと押さえ、外周をカットします。
D86218B3-D6EA-4CDB-8382-DEF989710024F07CA434-AECC-468F-8D31-62924C02AF92
そのままリングに沿ってカッターや包丁で切るか、あるいは丸錐などで目印だけつけておいて抜型を使ってもいいと思います。

E1624789-4338-40CA-B776-36FA1437306B


6. 縫う

縫ってください!

外周はカンナや紙やすりで調整したりヘリ落とししたりして納得がいくまで(笑)コバを仕上げましょう!裏の凹みにナットを仕込んでコンチョにしてもいいですね。

------------
ツールのお求めは、さんた屋BASE店(ネットショップ)まで。 

https://factorysanta.thebase.in