なにか気になることがあるとその都度調べるタチなんですが、最近聞かれることが多くなってきたので、整理してみました。かき集めなんで、イマイチよろしくない点が混じってるのはご勘弁・・・。

この一覧表の数字からすると、普通に使う刃物であれば#4000までの砥ぎ+革砥(青棒)で十分かなという印象ですね。

なんなら#2000の耐水ペーパーをガラス板の上において、ミシン油をたらしてシャカシャカやり、最後に青棒で作った革砥で仕上げるのでもOKかも。全部ダイソーで手に入るので『ダイソー砥ぎ』と呼ぶことにしたいとおもいます。

一方で、#8000で砥いだものをそれより粒度の粗い青棒で仕上げる意味はあるのか?という疑問は、研磨剤の硬度が違うから意味はあるのだ、ということでしょうか? 

おしえて、偉い人♪

硬度粒度