さんた屋のレザークラフト民主化政策 イメージ画像
主にレザークラフト用のツールの製作・販売をしています。

更新情報

革製品のステッチは装飾的な意味もあって、やっぱきれいにそろえたいものです。手縫いでもミシンでも表面は綺麗に斜めになり、裏は直線(的)にステッチがつながる、ってのが一般的かとおもいます。できれば両面とも斜めにきれいにそろってほしくて、表と裏を別々に穴あけし
『両面斜め縫いは幻想かと思ってた』の画像

ミンティアケースをつくるやり方を「さんちゃんねる」で公開しました。2~2.5mmくらいのハガキサイズの切り革で作れます。A4サイズの革が用意できれば4つも作れますし、レザークラフトのいろんな工程(切る、貼る、穴あけ、縫い、ホック付け、ウェットフォーミングなど)
『ハガキサイズの切り革でミンティアケースをつくろう。』の画像

ぷっくりメーカー® は、湿らせた革をのせて床面(裏のざらざら面)から凹みを棒などでグリグリ押して成形する、革遊び用のツールです。ヌメ革を使ってたい焼きを作ってらっしゃる方を知り、それをきっかけに「ウェットフォーミング」という技法を知りました。こちらの作品は
『ぷっくりメーカーへの道』の画像

前回書いた記事(http://factorysanta.livedoor.blog/archives/15757267.html)の追記です。温度を計測した結果をグラフにしてみました。こて先の温度とPTCヒーターをつけた捻の先端温度ですので、直接比較はむつかしいですが、参考にはなると思います。あと、ヒーターをクリ
『ふち捻を温めるのに何を使うかって話 その2』の画像

このネタは2017年の春ごろにインスタで紹介した内容を整理したものです。けっしてコバ仕上げが上手なわけでも、深いノウハウを持っているわけでもなく、代用となる道具をみつけるのが好きなだけですので、あまり参考にならないかもしれませんが、面白いと思う人には面白いと
『フチ捻を温めるのに何を使うか?という件』の画像

↑このページのトップヘ